銀行系カードローンと消費者金融のカードローン

銀行系カードローンと消費者金融のカードローンの大きな違いは総量規制の適用でしょう。
消費者金融でのカードローンには総量規制が関係しているために、最高借り入れ額は年収の3分の1以下までという決まりがあります。

しかし銀行系カードローンは総量規制適用外であるために、年収に関わりなく高額の融資を受けることができます。
また銀行系カードローンのほうが消費者金融のカードローンよりも金利が低いために利息の支払いを少なく済ませることができます。

そのため多くの人が銀行系カードローンをおまとめローンとして利用しています。
しかし借り入れは銀行系カードローンのほうが消費者金融のカードローンよりも難しいとされています。

その理由は審査です。高額の借り入れが可能であることから返済能力の有無が細かな点に至るまで審査されます。
それゆえに審査をパスすることが簡単ではないのです。

しかし銀行系カードローンのメリットはかなり大きいために、審査にトライしてみるべきです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です